for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE 1-北京五輪に政府代表団を派遣せず、橋本組織委会長らが出席=官房長官

(内容を加えました)

[東京 24日 ロイター] - 松野博一官房長官は24日午前の閣議後会見で、来年2月に中国で開かれる北京冬季五輪に政府代表団を派遣することは「予定していない」と述べた。五輪には日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長と東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長が、パラリンピック大会には日本パラリンピック委員会(JPC)の森和之会長がそれぞれ出席すると発表した。

北京五輪を巡っては、中国の人権問題などを理由に、米国、オーストラリア、英国、カナダが外交使節団を派遣しないことを表明している。

松野官房長官は、国際社会の普遍的価値である自由、基本的人権の尊重、法の支配が中国においても保障されることが重要であり、こうした日本の立場について中国側に働きかけていると述べた。五輪・パラリンピックが平和とスポーツの祭典であることなども総合的に勘案し、「自ら判断を行った」と語った。

松野長官は、日本からの出席のあり方について「外交ボイコット」のような特定の名称を用いることは「考えていない」とした。

橋本氏は国会議員だが、東京五輪・パラリンピック組織委の会長として国際オリンピック委員会(IOC)の招待を受けて出席する。室伏広治スポーツ庁長官は、新型コロナウイルス対策で厳格な行動制限などが導入される中、長官として日本選手団への直接の激励などが実施できないと見込まれることから出席しないという。

岸田文雄首相はこれまで、自身の参加は予定していないとした上で、政府関係者の派遣については「適切な時期に諸般の事情を勘案し、国益の立場から自ら判断することが重要」などと述べていた。 (杉山健太郎 編集:山川薫)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up