for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

HIS子会社のGoTo不適切受給、「組織的計画」も 調査報告

[東京 24日 ロイター] - エイチ・アイ・エス(HIS)は24日、政府の観光支援策「Go To トラベル」事業に関する子会社2社の不適切な取引について調査報告書を公表した。報告書は2社のうち1社で不適切受給が「組織的に計画されたと推測される」と指摘した。

調査報告は、2社のうち「ミキ・ツーリスト」について、給付金4080万円を外部のホテル運営会社と不当折半しようとした取引が認められたとし、「社長、役員、外部のホテル運営会社で組織的に計画されたと推測される」とした。

またもう1社の「ジャパンホリデートラベル」については、GoTo事業のルールを悪用する意図はなかったと指摘。ジャパンホリデートラベルがGoTo事務局に返還すべき給付金やクーポンの総額は、最大で約6億4249万円だとした。

報告書によると、HIS本体や問題の2社を除くグループ会社で取り扱った旅行取引で、GoTo事業のルールに適合しない不当な取引は確認されなかった。HISの連結業績に与える影響は、調査報告を踏まえて精査中としている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up