for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インド株式市場・序盤=上昇、今年は4年ぶり大幅高

    [ベンガルール 31日 ロイター] - インド株式市場は上昇。2021年通年で
は17年以来の大幅高となる見込み。コロナ禍による景気低迷からの回復と、豊富な流動
性が株価を押し上げた。ただ年終盤は、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」
の感染急拡大で慎重ムードが広がった。
    0346GMT(現地時間午前9時16分、日本時間午後0時46分)時点で、NS
E指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は0.4%高の1万
7278。年初来では23.70%高。
    SENSEX指数(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成)<.BS
ESN>は0.4%高の5万8026.43。年初来では21%高。
    モティラル・オスワル・アセットマネジメントカンパニーの調査責任者は「インフレ
率が上昇し、米連邦準備制度理事会(FRB)が流動性引き締めの意向を示す中で、ここ
数カ月間の市場は少し不安定な値動きとなり、外国人投資家はほぼ毎日売る側だった」と
指摘。「このため2022年は流動性の引き締まりと利上げが予想され、新型コロナをめ
ぐる不透明感が残る中で始まることになる」と語った。
    インド当局は30日、新年のパーティーや公共の場に大勢の人々が集まるのを防ぐこ
とを目的とした、厳しい規制の適用を開始した。

 インド             日本時間13時4    前日比      %       始値
                    5分                              
 SENSEX指数<     58,266.90   + 472.58  + 0.82  57,849.76
 .BSESN>                                                      
 前営業日終値          57,794.32                              
                    日本時間13時4    前日比      %       始値
                    5分                              
 NSE指数            17,355.30   + 151.35  + 0.88  17,244.50
                                                              
 前営業日終値          17,203.95                              
 
    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up