for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

フォックスコンの印iPhone工場、12日に再開へ=地元議員

[チェンナイ 10日 ロイター] - 従業員の抗議活動で稼働停止している富士康科技集団(フォックスコン)のインド南部のiPhone組立工場について、地元州議員は12日に規模を縮小して再開する見通しを示した。

台湾の電子製品受託生産大手、鴻海精密工業傘下の富士康科技のタミルナドゥ州チェンナイ近郊の工場では昨年12月、従業員250人以上が食中毒となったこと受けて抗議行動が起き、同18日に稼働を停止。アップルが従業員宿舎を調査したところ一部が基準を満たしていない判明した。

この工場では約1万7000人が働く。タミルナドゥ州議員によると、7日の議会で、工場は500人態勢で12日に再開する予定との説明が州政府側からあった。州政府は、宿舎などの環境を巡る懸念に対応し、さまざまな産業の従業員を数万人規模で収容する宿舎を建設する方針という。

タミルナドゥ州には、BMWやダイムラー、日産自動車、ルノーなどが製造拠点を置き、「アジアのデトロイト」と称されることもある。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up