for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東南アジア株式・中盤=おおむね上昇、FRB議長発言受け

    [ 12日 ロイター] - 中盤の東南アジア株式市場は、おおむね上昇している。
パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の再任指名に関する議会公聴会での発言が予想
されていたほどタカ派的でなかったことを受けた。
    議長は、金利に関して新たな詳細な内容は語らなかった。議長は、米経済は金融引き
締めに対処可能と述べる一方、バランスシート縮小に向けたアプローチについてはまだ議
論している最中だとし、決定は今後2─4回の会合で行われる可能性を示唆した。
    IGのマーケット・ストラテジストは「パウエル議長の発言を受けて、市場のFRB
の利上げスケジュールに対する見方はおおむね変わっておらず、今やほとんどが織り込ま
れている。金融引き締めに関する市場の前向きな反応は、それらを一定程度受け入れたこ
とを示唆しているようだ」と分析した。
    パウエル議長の発言を受けて米株市場では、それまで売り込まれていたハイテク株が
最も大きく上げた。
                                時間      現在値      前日比          %
 シンガポー  ST指数          15:05     3246.90       +0.53       +0.02
         ル                                                   
             前営業日終値                3246.37                        
 マレーシア  総合株価指数 <.   15:05     1557.29       -7.00       -0.45
             KLSE>                                            
             前営業日終値                1564.29                        
 インドネシ  総合株価指数 <.   13:30     6659.62     +11.646       +0.18
         ア  JKSE>                                            
             前営業日終値               6647.970                        
 フィリピン  総合株価指数 <.   15:05     7183.18      +97.49       +1.38
             PSI>                                             
             前営業日終値                7085.69                        
   ベトナム  VN指数          15:04     1476.92      -15.39       -1.03
             前営業日終値                1492.31                        
       タイ  SET指数 <.SE   14:29     1674.37       +7.25       +0.43
             TI>                                              
             前営業日終値                1667.12    
 (アジア株式市場サマリー)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up