for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロンドン株式市場=小幅続伸、銀行株に買い 中型株は下落

    [13日 ロイター] - ロンドン株式市場は小幅続伸して取引を
終えた。銀行株や商品関連株が買われて相場を支える一方、不動産開発
のカントリーサイド・プロパティーズや小売り大手マークス・アンド・
スペンサー(M&S)の下落が重しとなった。
    英銀大手のロイズ、HSBC、バークレイズ<BAR
C.L>、保険大手プルーデンシャルは1.5─2.9%上昇した
。
    中型株で構成するFTSE250種指数は0.38%下落
。下げが大きかったのはカントリーサイド・プロパティーズで
、低調な決算や最高経営責任者(CEO)の辞任を受けて20.6%の
急落となった。
    マークス・アンド・スペンサー(M&S)は7.9%安。
通期の税引き前の利益を少なくとも5億ポンド(6億8600万ドル)
と予測し、これまでの約5億ポンドから引き上げたものの、売り注文が
優勢となった。
    ハーグリーブス・ランズダウンのアナリスト、ローラ・ホイ氏はM
&Sの株価について「新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流
行)が始まって以降、著しく上昇した。これらの期待を維持するために
は、少しではなく、より大幅な増益が必要になる」と述べた。
    英スーパーマーケット大手のテスコも0.9%下落。昨年
のクリスマス時期の売り上げが予想より堅調だったことで利益見通しを
引き上げたが、他の小売業者と同様、運送費の高騰、倉庫従業員の賃金
上昇、原材料のさらなる値上がりによる影響を警告した。
    
 <株式指数>              終値   前日比     %   前営業日  コード
                                                      終値  
 FTSE100種       7563.85   +12.13  +0.16    7551.72          
 

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up