for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

キリンHDが株式売却を検討、中国飲料の合弁事業

キリンホールディングスは14日、中国の飲料合弁事業の株式売却を検討していると発表した。写真は同社ロゴ、2019年6月撮影(2022年 ロイター/Issei Kato)

[東京 14日 ロイター] - キリンホールディングスは14日、中国の飲料合弁事業の株式売却を検討していると発表した。公表すべき事実が発生した場合は速やかに発表するとしている。

キリンは中国の飲料大手、華潤集団と現地で清涼飲料の合弁事業を手掛けている。日本経済新聞は13日、キリンが持ち分4割全てを1000億円前後で中国系ファンドに売却すると報じた。

キリンは「株式売却を議論していることは事実」とした上で、現時点で決定した事実はないとしている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up