for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東南アジア株式・中盤=おおむね下落、米利上げ観測が圧迫

    [14日 ロイター] - 中盤の東南アジア株式市場は、おおむね下落した。米連邦
準備理事会(FRB)が利上げを複数回にわたり、速いペースで行う可能性をめぐって投
資家の不安が強まったことが背景。
    ANZリサーチのアナリストは「米国の金利上昇をこなす上で、アジアは有利な位置
にある」との見方を示した。一方で「市場のボラティリティー(変動性)が高まることが
アジアの中央銀行による拙速な金融引き締めを招き、成長の回復が阻害されるリスクがあ
る」と語った。
    フィリピンの首都マニラで新型コロナウイルス関連の規制が1月末まで延長された。
    シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)は上昇。米シティグループ
が東南アジア4カ国で展開する消費者事業について、ユナイテッド・オーバーシーズ銀行
(UOB)が買収の意向を示したことが材料視された。
                                時間      現在値      前日比          %
 シンガポー  ST指数          15:04     3277.07      +19.77       +0.61
         ル                                                   
             前営業日終値                3257.30                        
 マレーシア  総合株価指数 <.   15:04     1552.74      -16.77       -1.07
             KLSE>                                            
             前営業日終値                1569.51                        
 インドネシ  総合株価指数 <.   13:30     6663.09      +4.730       +0.07
         ア  JKSE>                                            
             前営業日終値               6658.356                        
 フィリピン  総合株価指数 <.   13:50     7261.34      -46.41       -0.64
             PSI>                                             
             前営業日終値                7307.75                        
   ベトナム  VN指数          15:02     1498.37       +2.32       +0.16
             前営業日終値                1496.05                        
       タイ  SET指数 <.SE   14:29     1678.16       -1.86       -0.11
             TI>                                              
             前営業日終値                1680.02    
 (アジア株式市場サマリー)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up