for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE 1-東レの一部樹脂製品、難燃性規格の認証で不適切対応

(内容を追加しました)

[東京 31日 ロイター] - 東レは31日、一部の樹脂製品に関し、難燃性能を示す規格(UL94)の認証試験で異なるグレードの試験用サンプルを作成して提出していたと発表した。また、登録された品種の一部では登録時の組成と異なるものを製造・販売していた。難燃性が登録基準に達していない製品については、1月初めから顧客に事情を説明しているという。

東レによると、不適切な対応は「少なくとも10年以上はあった」(広報)という。不適切な対応を行っていた樹脂の販売先は国内外1950社、このうち難燃性に問題があった樹脂の販売先は80社程度だと明らかにした。樹脂は自動車や家電など幅広く使用されている。

グループの樹脂製品1600品種のうち、不適切な対応を行っていたのは110品種。このうち、80%は難燃性に問題がなかったとしている。2020年度の樹脂販売量はグループで57万トン。このうち不適切な対応を行っていたのは4万9000トンで、難燃性に問題があったのは3000トンだった。

問題が発覚したのは昨年12月下旬。これまでこれらの樹脂製品を使った最終製品で事故の報告はない。東レでは有識者の調査委員会を設けて調査と原因究明を行い、同様の案件の有無も確認する。業績への影響は軽微とみているが、公表すべき事実が判明した場合は適切に公表していくという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up