for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国・香港株式市場・前場=上昇、北京と上海のコロナ規制緩和で

    [上海 30日 ロイター] - 中国・香港株式市場は上昇して前
場の取引を終えた。北京と上海が厳格な新型コロナウイルス規制を緩和
し、生活正常化への期待から消費関連銘柄や旅行関連株が上げを主導し
た。
    上海総合指数前場終値は9.8494ポイント(0.31
%)高の3140.0888。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成する
CSI300指数前場終値は17.685ポイント(0.4
4%)高の4018.984。
    ハンセン指数前場終値は387.18ポイント(1.87%
)高の2万1084.54。
    ハンセン中国企業株指数(H株指数)前場終値は157.
28ポイント(2.22%)高の7239.66。
    中国では30日、各地でコロナ新規感染者数が減少し、北京市では
2地区で住民の出勤が認められた。上海は約2カ月前に導入されたロッ
クダウン(都市封鎖)の解除に近づいた。
    中国国際金融(CICC)はノートで「仕事再開計画の着実な実施
により、成長を巡る懸念はわずかに緩和されるだろう」とした。
    また、UBS証券の中国株ストラテジスト、孟磊氏は「最近のマク
ロ政策支援拡大と相対的なマクロ流動性環境緩和を考えると、市場のバ
リュエーションは今年の底を打ったと考えられる。今後と第2・四半期
の決算期前後にはさらに業績の下方修正が行われる可能性がある。それ
らがほぼ一巡すればチャンスが出てくるだろう」と述べた。
    生活必需品株と観光株はそれぞれ1.5%と
2.3%上昇。半面、不動産開発株は1.6%安。
    香港市場では大手ハイテク株が3%超上昇。出前アプリ
大手の美団は7.3%上昇し、ハンセン指数を最も押し上げた
。
    アリババと百度(バイドゥ)が先週、予想を上
回る決算を発表し、ハイテク部門を巡るセンチメント改善の流れが続い
ている。
    
 中国                      前場終値     前日比      %        始値
 上海総合指数            3,140.0888   + 9.8494  + 0.31  3,141.9560
                                                                  
 前営業日終値            3,130.2394                               
 CSI300指数<.CSI3   4,018.984   + 17.685  + 0.44  4,020.858 
 00>                                                    
 前営業日終値             4,001.299                               
 香港                      前場終値     前日比      %         始値
 ハンセン指数             21,084.54   + 387.18  + 1.87   20,933.50 
 前営業日終値             20,697.36                                
 ハンセン中国株指数<.HS    7,239.66   + 157.28  + 2.22    7,167.89 
 CE>                                                    
 前営業日終値              7,082.38                                
 

    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があ
ります)
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up