for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東南アジア株式・中盤=まちまち

    [30日 ロイター] - 中盤の東南アジア株式市場はまちまち。中国・上海当局が
発表した景気刺激策やドル安は支援材料となっている。
    中国は上海で2カ月に及ぶロックダウン(都市封鎖)を1日から終了させる方向。当
局は商業の中心地である上海の回復に向け、50の政策措置からなる行動計画を導入する
見通しだ。
    MSCIアジア太平洋株指数(日本除く)は2.2%高と、3週間ぶりの高水準。
    31日には5月の中国製造業購買担当者景況指数(PMI)の発表が予定されている
。
    ジャカルタ市場とクアラルンプール市場は軟調。インドネシアのパーム油輸出再開を
めぐる不透明感の中、マレーシア産パーム油先物価格は下落している。
                                時間      現在値      前日比          %
 シンガポー  ST指数          15:24     3240.39       +9.84       +0.30
         ル                                                   
             前営業日終値                3230.55                        
 マレーシア  総合株価指数 <.   15:24     1545.00       -1.76       -0.11
             KLSE>                                            
             前営業日終値                1546.76                        
 インドネシ  総合株価指数 <.   13:30     6990.17     -36.087       -0.51
         ア  JKSE>                                            
             前営業日終値               7026.256                        
 フィリピン  総合株価指数 <.   15:24     6823.11      +96.97       +1.44
             PSI>                                             
             前営業日終値                6726.14                        
   ベトナム  VN指数          15:24     1288.40       +2.95       +0.23
             前営業日終値                1285.45                        
       タイ  SET指数 <.SE   14:29     1652.20      +13.45       +0.82
             TI>                                              
             前営業日終値                1638.75    
 (アジア株式市場サマリー)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up