for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロンドン株式市場=続伸、上海ロックダウン解除を好感 カントリーサイドが高い

    [30日 ロイター] - ロンドン株式市場は続伸。 中国・上海市
が2カ月に及ぶロックダウン(都市封鎖)を解除する方針を示したこと
が好感された。また、住宅建設カントリーサイド・パートナーシップス
が急伸。第3位株主による買収提案打診が材料視された。
    FTSE100種は一時、4月22日以来の高値を付ける
場面もあったものの、上値は重かった。
    リサーチ会社カルカインのクナル・サウニー最高経営責任者(CE
O)は「主要指数は上昇の勢いを維持することができなかった」と指摘
。「世界的に経済成長を巡る懸念が存在し、投資家のセンチメントを圧
迫している」と述べた。    
    カントリーサイドは18.6%高。第3位の株主である米インクル
ーシブ・キャピタルが、約14億7000万ポンド(18億6000万
ドル)でカントリーサイド買収を検討していると表明した。[nL4N2XM1K
N]
    酒造大手ディアジオや食品・日用品大手ユニリーバ<ULVR.L
>、鉱山アングロ・アメリカンなどの上昇も目立った。
    
 <株式指数>                     終値     前日比      %   前営業日終  コード
                                                                    値  
 FTSE100種              7600.06     +14.60   +0.19      7585.46          
 


    

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up