for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

メモリアルデーの連休に米航空便2500便超欠航、天候や人員不足で

米国で夏の旅行シーズンの始まりとされるメモリアルデーの連休に米航空会社が2500便超を欠航にしたことが、航空機の運航状況を追跡するウェブサイト「フライトアウェア」の集計で分かった。資料写真、カリフォルニア州、1月撮影(2022年 ロイター/Mike Blake)

[ワシントン 30日 ロイター] - 米国で夏の旅行シーズンの始まりとされるメモリアルデーの連休に米航空会社が2500便超を欠航にしたことが、航空機の運航状況を追跡するウェブサイト「フライトアウェア」の集計で分かった。悪天候や人員不足が影響している。

同サイトによると、デルタ航空は30日までの4日間で約700便を欠航にした。これは運航が予定されていた便の約4%に当たる。このうち30日の欠航は134便。

アメリカン航空は29日に74便、30日に119便を欠航。予定便の約2%に相当する。

世界では29日に1642便、30日に1500便超が欠航となった。30日の米国の欠航便は約400便、遅延便は2400便という。

米航空会社はこの連休の欠航や遅延について、フロリダ、ニューヨーク、中部大西洋沿岸地域での雷雨が影響したとしている。従業員の新型コロナウイルス感染など人員の問題も理由に挙げている。

各社は新型コロナのパンデミック(世界的大流行)で減少した旅行需要が回復する中、乗務員の増員に取り組んでいる。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up