for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

伊統計局、22年成長率予想を2.8%へ引き下げ 下振れリスク指摘

    [ローマ 7日 ロイター] - イタリア国家統計局(ISTAT
)は7日、今年の成長率予測を2.8%とし、12月時点の4.7%か
ら引き下げた。原材料価格の高騰とウクライナ戦争を理由に挙げた。
    来年は1.9%と予想した。
    ドラギ政権は国内総生産(GDP)成長率を今年は3.1%、20
23年は2.4%と見込んでいる。
    ISTATは半期に一度の経済予測報告書で、今後数カ月の見通し
について、一段の物価上昇や国際貿易の減少、金利の上昇に関連した強
力な下振れリスクが存在すると指摘。「家計や企業の期待はかなり悪化
する可能性がある」とした。
    2022年の「成長率のゲタ」は2%超と高水準で、ISTATの
予測は前期比のGDP伸び率が非常に緩やかになることを示している。
    今年の失業率は平均8.4%とし、前回予想の9.3%から引き下
げた。来年は8.2%と予想した。

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up