for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インド株式市場・序盤=下落、ITと不動産が安い

    [ベンガルール 9日 ロイター] - 序盤のインド株式市場は下落。各国・地域の
中央銀行による利上げや金融引き締めペースの加速で、経済成長が妨げられる可能性が警
戒されて地合いが世界的に悪化したことから、幅広いセクターで値を下げた。
    0354GMT(現地時間午前9時24分、日本時間午後0時54分)時点で、NS
E指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は0.41%安の1万628
6.75。SENSEX指数(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成
)は0.45%安の5万4652.60。
    構成指数の大半が下げている。IT株指数は0.9%安、不動産株指数<.
NIFTYREAL>は0.8%安。
    インド準備銀行(RBI、中銀)は前日、市場の予想通り、政策金利のレポレートを
0.5%引き上げた。5月には予告なしに0.4%引き上げており、インフレ対策で金融
引き締めを強化するシグナルを送った。
    MSCIアジア太平洋株指数(日本除く)は、欧州中央銀行(ECB)定例理事会を
前に0.39%安。
 インド               日本時間13時35      前日比       %        始値
                      分                                   
 SENSEX指数<.B       54,768.11    - 124.38   - 0.23  54,514.17 
 SESN>                                                     
 前営業日終値              54,892.49                                 
                      日本時間13時35      前日比       %        始値
                      分                                   
 NSE指数                16,321.35     - 34.90   - 0.21  16,263.85 
 前営業日終値              16,356.25                                 
 
    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up