for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国・香港株式市場・大引け=中国反落、新型コロナや米インフレへの懸念で

    [上海 13日 ロイター] - 中国株式市場は反落して引けた。新型コロナウイル
スの流行やロックダウン(都市封鎖)に対する懸念が浮上したほか、米国の高インフレを
受けた連邦準備理事会(FRB)の引き締めで景気が急減速するとの懸念も高まった。
    上海総合指数終値は29.2830ポイント(0.89%)安の3255.
5511。上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI30
0指数終値は49.641ポイント(1.17%)安の4189.353。
    中国の首都北京市は、市内のバーでクラスター(集団感染)が発生したことを受け大
規模な検査を実施し、数千人を隔離した。今月初めに規制を緩和した上海市も、住民の大
半を対象とする集団検査を週末に実施した。
    CICCのアナリストは、A株は不安定な取引の中、短期的には反発が続く可能性が
あると指摘。ただ国内外の不透明感は強く、下半期のパフォーマンスは経済ファンダメン
タルズに左右されるとの見方を示した。
    中国人民銀行(中央銀行)が10日発表した5月の人民元建ての新規融資は1兆89
00億元(2826億2000万ドル)と、4月の6454億元から急回復し、ロイター
がまとめた市場予想の1兆3000億元を上回った。
    ただ、毎月の新規融資のうち38%が短期手形であり、4月の80%から低下したも
のの、第1・四半期の10%よりは依然として高く、実質的な信用需要は依然として弱い
ことがうかがえる。
    ピンポイント・アセット・マネジメントのチーフエコノミストは「信用波及をより効
果的にするため、政府は今後数カ月でインフラ投資を増やし不動産規制を緩和するだろう
」と述べた。
    中国証券投資基金業協会は10日、ミューチュアルファンド業界の健全な発展に向け
た指針を公表し、上級幹部とファンドマネジャーへの賞与の40%以上を3年以上の繰り
延べ払いとし、不正が発覚した場合は従業員に報酬返還を求めるべきだと主張した。[nL4
N2Y00OH]
    不動産開発株は3%以上下落。観光株、銀行株<.CSI00095
1>、インフラ株は2%以上下げた。
    自動車株と非鉄金属株は2%以上上昇。
 中国                              終値       前日比           %         始値           高値           安値
 上海総合指数                 3,255.5511    - 29.2830       - 0.89  3,256.2750     3,272.9906     3,229.3089 
 前営業日終値                 3,284.8341                                                                     
 CSI300指数<.CSI300      4,189.353     - 49.641       - 1.17   4,194.457      4,218.233      4,156.715 
 >                                                                                              
 前営業日終値                  4,238.994                                                                     
 
    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up