for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

九州電力、千葉LNG火力発電所開発から撤退 東ガスは継続

[東京 15日 ロイター] - 九州電力は15日、東京ガスと進めてきた千葉県袖ケ浦市のLNG火力発電所の共同開発検討から撤退すると発表した。

世界規模でエネルギー情勢の混乱が続いており、燃料市場や電力市場などの情勢を総合的に判断した結果、同プロジェクトへの継続的な経営資源の投入を取りやめることとした。

一方、東京ガスは同日、LNG火力発電所への投資を通じ、電力の安定供給に貢献するとして、同発電所の開発検討を引き続き進めると発表した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up