for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

欧州株式市場=反落、パウエルFRB議長発言は好感

    [22日 ロイター] - 欧州株式市場は反落して取引を終えた。
米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が上院銀行委員会の公聴会
でインフレの引き下げに「強く取り組む」と発言したのを受けて米株価
はプラス圏に転じ、STOXX欧州600種指数も下げ幅を縮
めた。
    エクイティ・キャピタルの首席マクロストラテジスト、スチュアー
ト・コール氏は「苦い薬ほど早く良くなる、というような反応が見られ
る」とし、「インフレ高進は景気後退の可能性と同じぐらい株価に打撃
を与える。パウエル氏の発言が示唆した経済のマイナス成長のシナリオ
は、当局がインフレの脅威を真剣に受け止めているという安堵感で和ら
げられつつある」と語った。
    STOXX欧州600種資源株指数は5.12%と大きく
下げた。中国の供給と成長への懸念から鉄鉱石と銅の価格が低迷したの
が響いた。
    石油・ガス株指数は3.28%下落。バイデン米大統領が
発表したガソリン価格高騰対策を受けて原油価格が下落した。
    ディフェンシブ部門である不動産株指数、ヘルスケア株指
数、食品・飲料株指数は0.29%―0.62%上昇し
た。
    いずれも欧州鉄鋼会社のアルセロール・ミタル、ザルツギ
ッター、フェーストアルピネ(Voestalpine)、は
9.6%―13.1%安。JPモルガンが鉄鋼価格は底打ちしていない
として投資判断を格下げしたのが嫌気された。
    
 <株式指数>                     終値     前日比      %   前営業日終  コード
                                                                    値  
 STOXX欧州600種         405.74      -2.84   -0.70       408.58          
 FTSEユーロファースト3    1593.57     -11.45   -0.71      1605.02          
 00種                                                                 
 ユーロSTOXX50種        3464.64     -29.36   -0.84      3494.00             
 

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up