for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE 2-フィリピン中銀、2会合連続0.25ポイント利上げ 物価予想引き上げ

* 関連グラフィック tmsnrt.rs/3NaWBKm (アナリストのコメントなどを追加します)

[マニラ 23日 ロイター] - フィリピン中央銀行は23日、政策金利の翌日物リバースレポ金利を2.25%から0.25%ポイント引き上げ2.50%にすると発表した。インフレの抑制に向け2会合連続で利上げを決定した。ただ積極的な引き締めが景気を冷やすことを懸念し、引き上げ幅は前回5月と同じにとどめた。

今月にロイターが実施したエコノミスト調査でも0.25%ポイント利上げの見方が過半数を占めていた。

中銀は翌日物預金金利と翌日物貸出金利も0.25%ポイント引き上げ、それぞれ2.0%、3.0%とした。

ジョクノ中銀総裁は声明で「追加利上げは国際商品価格が上昇し国内経済成長に外部から強い逆風が吹く中で、マクロ経済の安定を確保しつつ景気支援措置を縮小することができると理事会は判断した」と述べた。

フィリピンでもインフレが進行し、中銀はインフレ抑制と、米国との金利差縮小に圧迫されている通貨ペソの支援に向け利上げ圧力を受けていた。

ジョクノ総裁は、商品価格が高騰する中、物価見通しは上振れリスクに支配されているとし、今年の平均インフレ率予想を4.6%から5%に引き上げた。中銀の目標レンジ(2─4%)を一段と上振れることになる。

2023年の予想も3.9%から4.2%に引き上げた。

キャピタル・エコノミクスのアジア担当シニアエコノミスト、ガレス・レザー氏は「コモディティー価格の上昇と海外需要の低迷で下半期は経済成長が鈍化する見通しだ」とし、中銀が積極的な利上げを行う可能性は低いとの見方を示した。

ジョクノ総裁に代わって次期総裁に就任するフェリペ・メダラ氏は20日、インフレを抑制するため、年内に一連の利上げを実施する方針を示した。来年も利上げを継続する可能性があるとしている。ただ、緩和策の巻き戻しは段階的に行うのが望ましいとの見解を示した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up