for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英小売売上高、5月は前月比-0.5%、生活費上昇で

[ロンドン 24日 ロイター] - 英国立統計局(ONS)が24日発表した5月の小売売上高は、前月比0.5%減だった。物価の急上昇により買い控えの動きが広がった。

6月24日 英国立統計局(ONS)が24日発表した5月の小売売上高は、前月比0.5%減だった。2020年11月、バーミンガムで撮影。(2022年 ロイター/Andrew Boyers)

ロイターがまとめたエコノミスト予想は前月比0.7%増だった。

4月は1.4%増から0.4%増に大幅に下方修正された。

ONS幹部は、5月小売売上高の減少は食品の売り上げ減少が主因と指摘。スーパーマーケットからのフィードバックによると、消費者は生活費の上昇で食品への支出を減らしている。

GfKの顧客戦略ディレクター、ジョー・スタトン氏は「新型コロナウイルス流行の初期段階や、2016年に行われた欧州連合(EU)離脱を巡る国民投票の結果が出た後、さらには08年の世界金融危機時よりも消費者のムードは暗い。リセッション(景気後退)懸念もある」と述べた。

5月までの3カ月の小売売上高は1.3%減。4月までの3カ月は1.4%減だった。

5月は前年比では4.7%減。

燃料を除くと前月比0.7%減、前年比5.7%減。

自動車燃料の販売量は1.1%増加した。ONSは在宅勤務の減少を反映した可能性があるとの見方を示した。

イングランド銀行(英中銀)によると、5月のインフレ率は9.1%で40年ぶりの高い伸びだった。10月には11%超になる見込み。

5月の食品店の売上高は前月比1.6%減で、1月以来の大幅な減少だった。

英小売協会(BRC)のヘレン・ディキンソン最高責任者は、多くの消費者が食品を中心に以前と比べて値ごろ感のある商品を選んでいると分析した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up