for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インド株式市場・序盤=下落、TCSがIT株安主導

    [ベンガルール 11日 ロイター] - 序盤のインド株式市場の株価は下落した。
ITサービス大手タタ・コンサルタンシー・サービシズ(TCS)が弱い決算を
先週発表、ハイテク株を押し下げた。
    0447GMT(現地時間午前10時17分、日本時間午後1時47分)時点で、N
SE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は0.30%安の1万61
72。
    SENSEX指数(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成)は0
.36%安の5万4284.71。
    TCSは最大4.6%下落し、3週間ぶり安値を付けた。8日発表した4ー6月期決
算は、人件費が増加する中で利益が予想を大幅に下回った。TCSは、ニフティIT株指
数を3.1%安に押し下げた。
    今週発表予定のインド消費者物価指数(CPI)が注目されている。ロイター通信の
調査では、6月のCPI伸び率は前月からほぼ変わらずで、インド中央銀行の許容限度を
6カ月連続で大きく上回る見込み。
 インド             日本時間15時17    前日比       %       始値
                    分                                 
 SENSEX指数<      54,153.77   - 328.07   - 0.60  54,248.60
 .BSESN>                                                        
 前営業日終値           54,481.84                               
                    日本時間15時17    前日比       %       始値
                    分                                 
 NSE指数             16,131.80    - 88.80   - 0.55  16,136.15
                                                                
 前営業日終値           16,220.60                               
 
    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up