for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

欧州株式市場=反落、エネルギー供給逼迫やコロナ規制懸念が重し

    [11日 ロイター] - 週明けの欧州株式市場は4営業日ぶり反
落して取引を終えた。エネルギー供給の逼迫(ひっぱく)や、中国での
新型コロナウイルスの新規感染拡大で景気後退懸念が高まり、景気に敏
感な銘柄が売られたのが相場を押し下げた。
    STOXX欧州600種自動車・部品株指数は2.82%
下落し、ドイツのDAX指数は1.40%安。STOXX欧州
600種資源株指数は1.91%下げた。
    中国・上海での新型コロナ感染者数増加で一層の規制につながると
の懸念から、金属や鉄鉱石の価格が低迷した。
    ドイツにロシア産天然ガスを送る主要パイプライン「ノルドストリ
ーム1」は定期保守点検が11日に始まり、10日間にわたって供給が
完全に停止する見込み。欧州の各国政府や市場、企業は停止期間が延長
される可能性を懸念している。
    ハーグリーブス・ランズダウンのシニア投資・市場アナリスト、ス
ザンナ・ストリーター氏は、投資家はあらゆる産業への影響を懸念して
おり、政府の緊急計画に配給制が含まれれば、ロシアからの輸出への依
存度が高い経済圏の成長に大きな打撃となるとの見方を示した。
    13日発表の米6月消費者物価指数(CPI)が今後の米金利動向
の手掛かりとして注視されており、その後は企業の第2・四半期決算発
表も注目されている。
    免税店などを手掛けるスイスのデュフリーは3.8%高。
空港・高速道路向けのケータリングを展開するイタリアのアウトグリル
の買収に合意したのが材料視された。
    
 <株式指数>               終値   前日比     %   前営業日  コード
                                                       終値  
 STOXX欧州600種   415.02    -2.10  -0.50     417.12          
 FTSEユーロファース  1635.78    -6.00  -0.37    1641.78          
 ト300種                                                  
 ユーロSTOXX50種  3471.69   -34.86  -0.99    3506.55  <.STOXX50E
                                                             >
 

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up