for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ユーロ圏金融・債券市場=イタリア国債利回り急上昇、政局混迷で

    [14日 ロイター] - ユーロ圏金融・債券市場では、イタリア
国債利回りが大幅上昇した。ドラギ首相が率いる連立政権が崩壊の危機
に瀕していることが背景。ドイツ国債とのスプレッドも1カ月ぶりの高
水準に達している。
    連立を組むイタリアの左派政党「五つ星運動」はこの日、議会の信
任投票に参加しなかった。
    これを受けて伊10年債利回り は19ベーシスポイン
ト(bp)上昇し、2週間ぶりの高水準となる3.502%を記録した
。    
    一方、指標となる独10年債利回りは、終盤時点で4
bp上昇。独伊10年国債利回りのスプレッドは、前日
終盤の208bpから222bpに拡大した。    
    ラボバンクの金利戦略部門責任者、リチャード・マクガイア氏は、
イタリアの政局危機について「決して市場が好意的に受け止めているわ
けではないが、政府崩壊の可能性を考えるとまだ抑制的だと言えるだろ
う。立法府の効率は落ちるだろうが、市場はそんなことは気にしていな
い」と指摘。来週の欧州中央銀行(ECB)理事会を控え、伊国債の空
売りが困難でなければ格差はもっと拡大していただろうと述べた。
    21日のECB理事会では域内国債利回りの「分断化」抑制策が明
らかになると予想されている。   
    INGのシニア金利ストラテジスト、アントワーヌ・ブーベ氏も「
『分断化抑制策』に対する反対は、すでに欧州の一角で高まっている。
政権が崩壊しつつある時にそうした手段を考案しなければならず、(E
CBにとって)状況はより難しい」と述べた。
    独2年債利回りは8bps上昇し0.53%。一時、7
月4日以来の高水準となる0.637%を付ける場面があった。
    ECBは25bpの利上げを示唆しているが、リフィニティブによ
ると、市場が織り込む50bp利上げ確率は50%以上に高まった。
    年末までの利上げ幅の予想は12日の137bpから165bpに
上昇。金利は2023年後半に約1.5%でピークに達するとみられて
いる。12日時点では1.3%だった。
    
 <金利・債券>                                            
 米東部時間12時2                                           
 分                                           
 *先物            清算値  前日比   前営業日  コード
                                        終盤  
 3カ月物ユーロ     99.96    0.00      99.96         
 独連邦債2年物    109.53   -0.10     109.63          
 独連邦債5年物    125.58   -0.20     125.78          
 独連邦債10年    152.17   -0.45     152.62          
 物                                           
 独連邦債30年    172.90   +0.04     172.86          
 物                                           
 *現物利回り      現在値  前日比   前営業日  コード
                                        終盤  
 独連邦債2年物     0.498  +0.047      0.465            
 独連邦債5年物     0.885  +0.040      0.773            
 独連邦債10年     1.181  +0.037      1.096             
 物                                           
 独連邦債30年     1.391  +0.006      1.383             
 物                                           
 
    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up