for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アジア通貨動向(26日)=上昇、韓国ウォンはGDPを好感

[26日 ロイター] - アジア新興国通貨はドルの軟調を受けて上昇。第2・四半期国内総生産(GDP)の発表を受け、韓国ウォンが堅調に推移している。ただ、米利上げ観測で依然警戒感は強い。

フィリピンペソは0.2%高、インドネシアルピアは過去3週間余りでの最高値。

ウォンは0.4%高。発表された第2・四半期の韓国GDP速報値は前期比0.7%増で、予想と第1・四半期を上回った。新型コロナウイルス関連規制の緩和を背景に堅調となった個人消費が寄与した。これにより追加利上げの可能性が高まった。

ただANZのエコノミストは、弱い輸出見通し、高インフレ、金利上昇などに圧迫され、成長率の勢い維持は難しいとの見通しを示した。

シンガポールドルは0.1%高。

※原文記事など関連情報やアプリは画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up