for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

再送UPDATE 1-みずほFG、4―6月期の純利益は36.4%減 業務純益は増益 

(見出しの余分な字を削除します)

[東京 29日 ロイター] - みずほフィナンシャルグループは29日、2022年4─6月期の連結純利益が前年同期比36.4%減の1592億円だったと発表した。簡易再生手続きを開始した自動車部品大手マレリホールディングス(旧カルソニックカンセイ)向け債権の引き当てや、前年同期の税効果による特殊要因が剥落する。 与信関係費用は648億円。同行は5月、子会社のみずほ銀行が持つマレリと同社の一部子会社向け債権3885億円に関し、取り立て不能または遅延の恐れが生じたと発表。すでに今期の業績予想に織り込んでおり、通期見通しに影響はない。

本業のもうけを示す連結業務純益は同21.5%増の2361億円となった。株式や投信販売などリテール部門は不振だったものの、市場部門がカバーした。

海外貸出金は前年同期比141億ドル増加。資本市場での調達に比べて割安だったことや、先行きの調達コスト上昇を見込んだ資金需要が出ている。ただ、長期金利低下の傾向もあることから、短期資金が増え、貸出金スプレッドは低下した。

23年3月通期の連結純利益5400億円(前期比1.7%増)とする期初計画を据え置いた。IBESがまとめたアナリスト12人による連結純利益の予想平均値は5506億円だった。 (*決算数字はをご覧ください。)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up