for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

バンダイナムコ、中間期業績を上方修正 ゲームソフトの販売好調

8月5日 バンダイナムコホールディングスは5日、2022年4─9月期の連結業績見通しを上方修正し、営業利益予想を前年同期比16.6%増の720億円に引き上げた。2019年6月、カリフォルニア州ロサンゼルスで撮影。(2022年 ロイター/Mike Blake)

[東京 5日 ロイター] - バンダイナムコホールディングスは5日、2022年4─9月期の連結業績見通しを上方修正し、営業利益予想を前年同期比16.6%増の720億円に引き上げた。従来予想は460億円だった。

4─6月期の業績が、利益率の高い既存ゲームソフトの販売好調などで伸長したため。円安も利益を押し上げる。

23年3月期通期の営業利益予想は、前年比20.3%減の1000億円とする従来予想を据え置いた。大型ゲームソフトの発売や年末商戦を控えていること、新型コロナウイルスの感染拡大など先行き不透明な状況が続いているため。

この日発表した4─6月期の連結営業利益は、前年同期比64.3%増の443億円だった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up