for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

再送-UPDATE 1-ロシアの南ウクライナ原発攻撃は許されぬ蛮行、即座停止を=官房長官

(見出しを修正して再送します。)

[東京 20日 ロイター] - 松野博一官房長官は20日午後の会見で、ロシアによる南ウクライナ原発への攻撃は許されない蛮行であり、即座に停止を求めると述べた。

また、ロシアによる原子力施設の占拠を含めた一連の行為は「決して許されない暴挙である」と指摘。福島第一原発の事故を経験した日本は「強く批判する」と語った。

ロシアによる侵略を一刻も早くやめさせるため、国連総会の機会を含め主要7カ国(G7)をはじめとする国際社会と適切に連携していくとの方針を示した。

松野官房長官によると、南ウクライナ原発はロシアの攻撃によっていったん、外部の送電線網との接続が切断されたが、その後に復旧。3基の原発は正常に稼働していることを国際原子力機関(IAEA)が確認しているという。

松野官房長官は、日本政府として同原発の状況を注視していくとした。 (田巻一彦)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up