for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

政府・日銀が24年ぶり円買い介入、神田財務官「一方的な動き」

 9月22日、 神田真人財務官は足元の為替市場の変動は投機的な動きを背景に一方的だとして、為替介入に踏み切ったことを明らかにした。写真は円紙幣と日本の旗のイメージ。6月撮影(2022年 ロイター/Florence Lo/Illustration)

[東京 22日 ロイター] - 神田真人財務官は22日夕、足元の為替市場の変動は投機的な動きを背景に一方的だとして、介入に踏み切ったことを明らかにした。政府・日銀がドル売り/円買い介入を実施するのは1998年6月以来、24年ぶり。

神田財務官は「断固たる措置を実施した」と記者団に述べた。為替介入か、との質問に対して「そうです」と答えた。財務官によると、この後、別途説明する予定という。

神田氏は「足元の為替市場は投機的な動きも背景に急速で一方的な動きがみられている。政府としてこうした過度な変動を憂慮しており断固たる措置を講じたところ。引き続き為替市場の動向を高い緊張感をもって注視し、対応に万全を期したい」と述べた。

22日の東京外為市場では、日米の金利差を背景に円安が進行、日銀が金融政策決定会合で現在の緩和政策を維持すると決定したことを受け、一時1ドル=145円後半をつけていた。

その後、政府・日銀の介入を受け、ドルは142円前半まで急落した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up