for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ブラジル大統領選、僅差で左派ルラ氏返り咲き ボルソナロ氏は沈黙

[サンパウロ/ブラジリア 30日 ロイター] - 30日に行われたブラジル大統領選の決選投票で、左派のルラ元大統領(77)が右派の現職ボルソナロ大統領(67)に勝利し、12年ぶりの返り咲きを果たした。

スライドショー ( 8枚の画像 )

選挙管理を統括する高等選挙裁判所は、得票率はルラ氏が50.9%、ボルソナロ氏が49.1%だったとして、ルラ氏が次期大統領に決まったと表明した。来年1月1日に就任する。

ルラ氏は選挙戦で、03─10年の前回在任期に多数の国民の貧困解消につながった国家主導の経済・社会保障政策を復活させると公約。アマゾン森林破壊などの環境問題にも力を入れる考えを示している。

ルラ氏は勝利演説で、分裂した国をまとめるなどと訴えたほか、アマゾンの熱帯雨林を保護し、世界貿易をより公正にするための国際協力を呼びかけた。

「私は2億1500万人のブラジル人のために政治を行う。私に投票した人のためだけではない」と表明。「2つのブラジルがあるのではない。われわれは1つの国、1つの国民、1つの偉大な国家なのだ」。

中南米ではコロンビアやチリなどで左派政権が相次ぎ誕生し、「ピンクの潮流」と呼ばれた20年前の左傾化の動きが再び起きている。

一方、ボルソナロ氏は選挙に不正があったと繰り返し主張しており、関係筋によると、選挙当局は同氏が選挙結果の受け入れを拒否し、支持者がデモを実施する場合などに備えている。

30日夜の時点でも同氏は沈黙を保っている。陣営アドバイザーによると、ルラ氏に電話をかけなかった。

陣営幹部によると、同日中の演説はない見込み。陣営からは公式のコメントを得られていない。

ただ、ボルソナロ氏の盟友であるカルラ・ザンベリ議員はツイッターに「ルラ氏にとって最も手ごわい野党議員になると約束する」と投稿し、選挙結果を受け入れる姿勢を示した。

投票は電子化され、投票所が午後5時に閉まってから2時間で結果が発表された。

バイデン米大統領は、ルラ氏が「自由で公正かつ信頼できる選挙」に勝利したことを祝福した。

国際選挙監視団は、選挙は効率的に実施されたと表明。ある監視員はロイターに対し、軍の監査官が行った投票システムの完全性テストでは何の欠陥も見つからなかったと語った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up