for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

円安・株高・債券高で反応、日銀の政策現状維持で

[東京 18日 ロイター] - 日銀は17―18日に開いた金融政策決定会合で金融政策の現状維持を決定し、金融市場は円安・株高・債券高方向に動いている。昨年12月に続く追加政策修正観測もあっただけに、大きな反応となった。

ドル/円は128円付近から131円台に円安が進行、日経平均株価は一時600円を超える上昇となった。国債先物中心限月3月限も1円を超える大幅高となっている。

JPモルガン証券の債券調査部長、山脇貴史氏は、共通担保オペで金利入札方式の期間を1年から10年に延長したことで5年物の共通担保オペなどが実施できるようになったと指摘。「金利上昇が目立っていた5年物のスワップ金利の低下を促すとともに、日本国債にも間接的な金利低下効果が期待できるだろう。社債発行環境も改善するのではないか」と話している。

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。 (伊賀大記)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up