for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米ダラス地区連銀総裁、次回FOMCでの一段の利上げ減速支持

[18日 ロイター] - 米ダラス地区連銀のローガン総裁は18日、景気の先行きに不透明感がある中では利上げの速度を落とすべきの認識を示した。ただ、政策金利の最終到達点が大方の予想を上回る可能性も示唆した。

「長距離ドライブで霧が発生したり高速道路に危険があれば減速するのが得策だ。現在の複雑な経済・金融環境下でも同様のことが言える」と指摘。これが前月の連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げペースの縮小を支持した理由だとし、「同じ考え方に基づけば次回会合でのさらな減速が示唆される」と語った。

利上げペース減速はインフレを2%に抑える目標達成への決意を緩めることにはならないとした。また、利上げ減速により不透明感が和らぎ、金融状況が緩和的になるのならば、「従来の想定より高い水準に金利を段階的に引き上げることで影響を相殺できる」との見解を示した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up