for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

メキシコ格付け1段階引き下げ、見通し「安定的」=ムーディーズ

 格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは7月8日、メキシコの格付けを1段階引き下げ、「Baa2」とした。投機的とされる「Ba」に近い水準。メキシコ市の中銀前で2019年2月撮影(2022年 ロイター/Daniel Becerril)

[メキシコ市 8日 ロイター] - 格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは8日、メキシコの格付けを1段階引き下げ、「Baa2」とした。投機的とされる「Ba」に近い水準。

「新型コロナウイルス禍に生じた経済への損害は回復せず、コロナ禍前の国内総生産(GDP)トレンドと2022─24年の現行予測との間にギャップが生じるだろう」と説明した。

特にロペスオブラドール大統領が就任した2018年以降、弱い投資が経済不振の大きな要因になっていると指摘した。

格付け見通しは「安定的」。予期せぬショックが今後起きず、経済的・財政的圧力が高まると想定した場合、現政権の任期満了まではメキシコの信用度が維持されるとした。

一方、S&Pグローバル・レーティングは6日、メキシコ長期格付け見通しを「ネガティブ」から「安定的」に引き上げた。慎重な財政・金融政策への期待のほか、エネルギー政策への不安軽減が背景にあるとした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up