for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米FRB、低金利維持確約 景気支援にあらゆる手段

[ワシントン 5日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)は4─5日に開いた連邦公開市場委員会(FOMC)で、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を0─0.25%に据え置くことを決定し、新型コロナウイルス感染拡大と米大統領選の結果を巡る先行き不透明感で経済が脅威にさらされる中、景気回復支援に向けあらゆる手段を尽くすと改めて表明した。

FRBはFOMC声明で、経済活動と雇用の回復は継続したものの、年初と比べるとなお低い水準にあると指摘。新型ウイルス感染拡大で米国だけでなく、世界中が著しい困難に直面しているとの認識を示した。

その上で、景気支援にあらゆる手段を尽くすとし、最大雇用と物価目標が達成されるまで利上げは検討しないと確約した。

声明には3日投開票の米大統領選に関する言及はなかった。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up