Reuters logo
IMF対米年次審査、歳出削減見直し求める 14年の成長率見通し下方修正
2013年6月14日 / 15:17 / 4年後

IMF対米年次審査、歳出削減見直し求める 14年の成長率見通し下方修正

[ワシントン 14日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)は14日、米国に関する年次審査報告を発表し、成長の足かせとなっている大幅な歳出削減を見直すよう求めた。

IMFは2013年の米成長率を1.9%と予想し、歳出削減の影響が弱まれば最大で1.75%ポイント上振れする可能性があるとの見方を示した。2014年は2.7%と4月時点の3%から下方修正した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below