March 26, 2014 / 3:32 AM / 6 years ago

再送-景気落ち込み回避へ予算執行前倒し、対象は補正・当初で15.4兆円=政府筋

(本文中の誤字を修正して再送します)

[東京 26日 ロイター] - 政府が週内にまとめる2014年度予算の早期執行目標が26日、明らかになった。公共工事や備品購入などに基金事業を加えた対象予算12兆円のうち、今年6月までに4割以上を、9月までに6割以上を執行するよう各省庁に求める。2月に設定した13年度補正予算の早期実施分(3.4兆円)を合わせた15.4兆円を対象に予算執行を前倒しし、消費増税による景気の落ち込みを防ぐ。

政府筋が同日までに明らかにした。今回の早期執行は公共事業や備品購入などの12兆円程度が対象となる。国債費や地方交付税、公務員の人件費などあらかじめ時期が決まっているものは除いた。

対象となる予算のうち6月までに4割以上を、9月までに6割以上を実施するよう目標を設定し、近く麻生太郎財務相が各省庁に対して執行を要請する。

政府は13年度補正予算でも対象予算3.4兆円について、6月までに7割、9月までに9割を実施する目標を設定した。補正と当初予算を合わせた15.4兆円を前倒しで執行し、財政出動の効果を集中させることで消費増税に伴う景気下振れを最小限に食い止めたい考えだ。 (山口 貴也)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below