Reuters logo
消費の持続的増加には所定内給与の増加必要=武藤・大和総研理事長
2014年3月5日 / 04:07 / 4年後

消費の持続的増加には所定内給与の増加必要=武藤・大和総研理事長

[東京 5日 ロイター] - 武藤敏郎・大和総研理事長(元日銀副総裁)は5日講演し、4月からの消費増税は日本経済に影響があるが、一部が懸念するような景気の腰折れの可能性は極めて小さいと指摘した。また、所定内給与がある程度引き上げられないと消費の持続的増加は難しいとの見解を示した。

 *この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below