November 26, 2014 / 5:32 AM / 5 years ago

BRIEF-デフレマインド転換しないことの方が、マネタイゼーションより重要な問題=白井日銀委員

[広島市 26日 ロイター] - 日銀の白井さゆり審議委員は26日、金融経済懇談会後の記者会見で、予想以上のペースで物価上昇率が落ちているとし、10月の消費者物価指数(生鮮食品、消費増税の影響除く)が1%を割る可能性があるとの見通しを示した。また、デフレマインドが転換しないことの方がマネタイゼーションより重要な問題だと指摘した。主な発言は以下のとおり。

* 10月コアCPI、1%割る可能性

* 予想以上のペースで物価上昇率が落ちている

* 実際の物価・予想物価上昇率落ち、見通し下方修正の中で放置できなかった=追加緩和で白井審議委員

* デフレマインド転換しないことの方が、マネタイゼーションより重要な問題

* 物価2%目標達成は2年以上かかる

 *この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below