September 8, 2015 / 5:17 AM / 4 years ago

現状判断DIは49.3、前月比2.3ポイント低下=8月景気ウォッチャー調査

[東京 8日 ロイター] - 内閣府が8日に発表した8月の景気ウォッチャー調査では、景気の現状判断DIは49.3で、前月比2.3ポイント低下となった。横ばいを示す50の水準を7カ月ぶりに下回った。企業動向関連、雇用関連、家計動向関連がいずれも低下した。

2─3カ月先を見る先行き判断DIは48.2で、前月比3.7ポイント低下。3カ月連続の低下となった。50の水準を8カ月ぶりに下回った。

内閣府は、景気ウォッチャー調査の判断の表現を「中国経済にかかる動向の影響などが見られるが、ゆるやかな回復基調が続いている」とした。先行きについては「シルバーウイーク、プレミアム付き商品券の期待などがみられる一方、中国経済情勢や物価上昇への懸念などがみられる」とした。

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

*内閣府の発表資料は以下のURLでご覧になれます。   here

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below