Reuters logo
米政権、貿易赤字要因調査へ 31日に大統領令署名=商務長官
2017年3月31日 / 03:52 / 8ヶ月後

米政権、貿易赤字要因調査へ 31日に大統領令署名=商務長官

[ワシントン 30日 ロイター] - トランプ大統領は、31日に巨額な貿易赤字の原因を特定することを目的とする大統領令に署名する方針だ。ロス米商務長官は会見で明らかにした。

トランプ大統領は来週、フロリダ州で中国の習近平国家主席と会談することになっている。

ロス長官によると、大統領令の一つは商務省と通商代表部(USTR)に、不公平な貿易上の不正や為替相場の不均衡など、貿易赤字の原因の大々的な調査を指示。また、想定通りの恩恵を享受できていない貿易協定の効果も調査する。調査結果は90日以内にトランプ大統領に提出する方針としている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below