Reuters logo
東芝メモリ売却、将来に禍根を残さないこと重要=同友会代表幹事
2017年9月12日 / 04:59 / 2ヶ月後

東芝メモリ売却、将来に禍根を残さないこと重要=同友会代表幹事

[東京 12日 ロイター] - 経済同友会の小林喜光代表幹事は12日の記者会見で、自身が社外取締役を務める東芝で半導体メモリー子会社の売却が大詰めを迎えていることについて、「一番重要なのは、5年先、10年先になって禍根を残さないこと」と述べた。その上で小林氏は、「タイムリミットは当然あるが、最後まで良い方向に持っていくことが重要だ」と指摘した。

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事の見出しに「UPDATE」と表示します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below