Reuters logo
消費税引き上げを確実に実行し、PB黒字化目標堅持すべき=全銀協会長
2017年10月19日 / 09:00 / 1ヶ月後

消費税引き上げを確実に実行し、PB黒字化目標堅持すべき=全銀協会長

[東京 19日 ロイター] - 全国銀行協会の平野信行会長(三菱UFJフィナンシャル・グループ社長)は19日の定例会見で「消費税率10%の引き上げを確実に実行し、プライマリーバランス(基礎的財政収支、PB)黒字化目標を堅持すべき」と述べた。

平野会長は、衆院選挙に関連して消費税引き上げ先送りの議論が出ていることについて、引き上げを確実に実行すべきだと強調。プライマリーバランスについて「日本のソブリンCDSの拡大傾向がうかがえ、財政悪化の懸念がある」とし、日本国債の格付けが下がった場合には、銀行に評価損が発生するほか、外貨調達コストが上昇する懸念があると指摘した。また、外貨調達コストの上昇は、一般事業法人の海外展開にも影響するとの懸念を示した。

一方、株価の上昇については「企業収益に対して割高とはいえない」と指摘。ただ、「緩和マネーがクレジットなどさまざまなアセットクラスの価格を押し上げており、価格変動に注意する必要」と述べた。 (布施太郎)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below