Reuters logo
神戸鋼、18年3月期最終損益見通しは「未定」
2017年10月30日 / 06:49 / 23日前

神戸鋼、18年3月期最終損益見通しは「未定」

[東京 30日 ロイター] - 神戸製鋼所は30日、2018年3月期の最終損益見通しを「未定」とした。性能データを改ざんした製品を出荷していた問題が業績に与える影響を現時点で見通すことが困難なため。また、10円を予定していた4―9月期(中間)の配当も見送った。

最終損益は、これまでは350億円の黒字(前期は230億円の赤字)と、3期ぶりの黒字転換を見込んでいた。しかし、アルミニウム・銅事業をはじめとして、約500社向けの製品について性能データの改ざんや検査未実施が判明。顧客への補償費用など業績悪化要因の影響を現時点で見通すことが困難なため、最終損益見通しを「未定」とした。品質管理の適正化に伴う不良率の増加によるコストアップや生産量減少、在庫処分、グループの販売活動に与えるリスクを一定の想定で織り込み、営業利益や経常利益見通しは下方修正した。

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

清水律子

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below