May 9, 2018 / 5:04 AM / 6 months ago

トヨタ、19年3月期の営業利益2.3兆円の見通し 世界販売1050万台を計画

[東京 9日 ロイター] - トヨタ自動車は9日、2019年3月期(今期)の連結業績予想(米国会計基準)を発表した。 売上高は前期比1.3%減29兆円、営業利益は同4.2%減の2兆3000億円を見込む。純利益は米国の法人減税効果で前期は同36.2%増の2兆4939億円と過去最高を更新したが、今期は同15%減の2兆1200億円を計画する。

トムソン・ロイターが集計したアナリスト23人の今期営業利益の予測平均値は2兆1850億円で、会社の営業利益予想はこれを上回っている。

今期の前提為替レートは1ドル=105円(前期は111円)、1ユーロ=130円(同130円)に設定した。

今期の世界小売販売計画は1050万台(前期は1044万台)。このうち、北米は280万台(同280.6万台)、アジアが167万台(同154万台)、日本が219万台(同226万台)、欧州が94万台(同96.8万台)。

同時に、発行済み株式の1.85%に当たる5500万株、3000億円を上限とした自社株買いも発表した。

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below