for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

トヨタ、FCスタックと水素タンクの国内生産設備拡大へ 20年ごろ稼働

[東京 24日 ロイター] - トヨタ自動車は24日、燃料電池車(FCV)の基幹ユニットである燃料電池(FC)スタックと高圧水素タンクの生産設備を拡充すると発表した。スタックは本社工場内に、高圧水素タンクは下山工場の第3工場内に専用のライン設備を増強する。2020年ごろの稼働を予定する。同社は20年以降のFCV販売拡大に備える。

トヨタは現在、FCV「ミライ」を日米欧などで販売しているが、今後、さらに海外販売拡大に向けた環境整備を進める。国内での販売も4大都市圏中心から対象エリアを広げる。同社は20年ごろ以降に、ミライなどのFCVやFCバスなどで年間3万台以上の世界販売を目指している。 (白木真紀)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up