April 10, 2019 / 4:03 AM / 2 months ago

豪指標の乖離、政策金利の方向決定する上で注視=中銀副総裁

* 豪中銀副総裁:雇用の強さと生産統計の弱さの開きに困惑

* 豪中銀副総裁:こうした開きが今後数カ月にどう解消されるかが将来の金利パスにとって重要

* 豪中銀副総裁:労働市場は驚くほど堅調

* 豪中銀副総裁:雇用の先行指標は引き続き力強い

* 豪中銀副総裁:18年下半期の消費の伸びは予想よりも「かなり鈍化」

* 豪中銀副総裁:経済のその他の部分は予想通りに推移

* 豪中銀副総裁:住宅市場を注視、住宅ローンは依然低調なもよう

* 豪中銀副総裁:インフレ目標達成には、賃金の伸び加速が必要

* 豪中銀副総裁:米・独・英・日で賃金の伸びが上向いている

* 豪中銀副総裁:中国経済、中国政府の予想以上に鈍化しているもよう

* 豪中銀副総裁:中国の刺激策、効果表れるまでに時間かかる可能性

* 豪中銀副総裁:米中通商摩擦巡る不透明感が世界の成長を下押し

[アデレード 10日 ロイター] - 豪準備銀行(RBA、中銀)のデベル副総裁は10日、経済成長が鈍化する一方で労働市場が好調という現状について、政策金利の方向性を決定する上で注視していく考えを示した。アデレードでの講演で述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below