November 5, 2018 / 6:29 AM / 14 days ago

スバル、検査不正で10万台を追加リコールへ 費用は約65億円に

[東京 5日 ロイター] - SUBARU(スバル)は5日、完成車不正検査問題への対応策として、新たに国内向け車両約10万台の追加リコールを実施すると発表した。これにより、同問題に関するリコール台数はあわせて約53万台となる。新たなリコールの費用は約65億円になる見通しだ。

追加リコールの対象になるのは今年1月9日から10月26日に生産された「インプレッサ」など9車種で、「トヨタ86」も含んでいる。リコール届出は11月8日になる予定。

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below