December 18, 2018 / 2:40 AM / 3 months ago

入管法の改正、日本の潜在成長率を中期的に下支え=中曽前日銀副総裁

[東京 18日 ロイター] - 中曽宏・大和総研理事長(前日銀副総裁)は18日、国際通貨基金(IMF)とピーターソン国際経済研究所(PIIE)が主催したセミナーで、改正出入国管理法(入管法)の成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大は、日本の潜在成長率の下支えに寄与するとの見解を示した。

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below