March 7, 2019 / 5:19 AM / 4 months ago

1月景気動向一致指数は前月比-2.7ポイント、基調判断を下方修正

[東京 7日 ロイター] - 内閣府が7日発表した1月の景気動向指数(速報値、2015年=100)は、景気の現状を示す一致指数が97.9と前月比2.7ポイント低下し、3カ月連続でマイナスとなった。

基調判断は「下方への局面変化を示している」とし、「足踏みを示している」との表現から引き下げた。

1月は鉱工業生産が前月比3.7%減と大幅に低下したことが響いたとみられる。

先行指数も95.9と、前月比1.3ポイント低下し、5カ月連続の低下となった。

1月の景気動向指数の低下を踏まえ、今月下旬に政府が発表する月例経済報告で「緩やかに回復している」としていた景気判断に変化があるか注目されている。

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below