April 24, 2019 / 6:18 AM / a month ago

日産、前期予想を下方修正 米国採算悪化 ゴーン氏問題も響く

[東京 24日 ロイター] - 日産自動車は24日、2019年3月期の連結業績予想を下方修正したと発表した。営業利益は前年比で約45%減の3180億円となる見込み。従来は21.7%減の4500億円を想定していた。

同社は下方修正の理由について、米国市場でのカスタマーケアのための一部車両の保証期間延長実施に伴うコスト増、第4・四半期(19年1―3月期)の世界的な経営環境の悪化、カルロス・ゴーン前会長の不正行為など一連の問題に伴う販売への影響を挙げている。

会社の修正した営業利益は、リフィニティブが集計したアナリスト23人の予測平均値4562億円を下回る。

売上高は11兆5740億円(従来予想は2.9%減の11兆6000億円)、純利益も3190億円(同45.1%減の4100億円)にそれぞれ下方修正した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below