October 8, 2019 / 2:09 AM / 2 months ago

賃金減少はパート増が要因、雇用・所得環境に変化ない=官房副長官

[東京 8日 ロイター] - 西村明宏官房副長官は8日午前、閣議後の会見で、同日朝発表になった毎月勤労統計調査で8月の名目賃金(現金給与総額)が前年比で減少したことについて、このところの減少は主に賃金水準が相対的に低いパート労働者の比率上昇によるものだと指摘。雇用・所得環境に何か大きな変化が起きているということではない、との認識を示した。

さらに「就業者数は大幅に増加しており、総雇用者所得は上昇が続いている」とも指摘した。 (中川泉 )

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below